2012年06月12日

2012年 宝塚記念 JRA GI

いよいよ今年も春のグランプリ、宝塚記念が始まろうとしています。

宝塚記念は、阪神競馬場の芝2,200mで開催され、古馬だけでなく、3歳の牡馬・牝馬も出走する事が可能です。

そして、春のグランプリと言われる通り、特別登録を済ませた馬の中から、ファン投票の上位10頭に優先出走権が付与されます。負担重量は、4歳以上牡馬が58kg、4歳以上牝馬が56kg、3歳牡馬が53kg、3歳牝馬が51kgと、定量となっています。

しかし、いくら3歳馬が出走出来ると言っても、3歳馬は春のクラシックを大目標に据えており、宝塚記念で万全の状態で臨む事はほぼ不可能で、NHKマイルカップ、ダービー、オークスにそれぞれピークを持っていきます。

ダービーを制した名牝ウオッカでさえ、51kgの軽量でレースに臨みながら8着に敗れた事からも、いかに3歳馬が宝塚記念で活躍する事が難しいか、今まで1度も3歳馬による優勝が無い事からも、判断出来るのではないで
しょうか。

又、今まで同一馬による宝塚記念の2回以上の優勝は例が無く、古馬にとっても非常に難しいレースである事が伺えます。

今年その記録に挑戦出来る馬は、去年の宝塚記念を制覇したアーネストリーしかおらず、史上初の複数回優勝、史上初の連覇なるかという事も期待されます。

アーネストリーは去年の宝塚記念でレコード勝ちを収め、又、史上初の父仔制覇をも成し遂げました。

今年も更に記録を残す事が出来るのか、非常に楽しみです。

昨年は最強4歳世代と言われた面々が5歳となり、その5歳世代に3冠馬オルフェーヴルなどの4歳勢が挑む図式となりますが、6歳以上の馬にももちろんチャンスはあり、もし3歳馬が出走するのであれば、史上初の3歳馬の優勝もかかります。

去年の安田記念でリアルインパクトが史上初めて3歳馬による優勝を果たしており、負担重量のハンデからも、
全く不可能な事ではないと思っています。

まだまだどの馬が参戦決定をするのか確定はしていませんが、今から非常に楽しみです。

色々な馬を思い浮かべながら、今年の宝塚記念の予想に興じていこうと思っています。

みなさんも是非、宝塚記念の予想を楽しんで下さい。
posted by よしき at 12:43| Comment(0) | 宝塚記念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

2012年 安田記念 GI 芝1,600m JRA

春のマイル王決定戦、安田記念がとうとう始まります。

まずはここで、去年の秋に行われたマイル王決定戦、マイルチャンピオンシップ(GI)を思い出してみようと思います。

去年のマイルチャンピオンシップでは、3歳で安田記念を制する離れ業をやってのけ、休み明けの毎日王冠(GU)で2着に入選し、万全の状態で迎えたと思われるリアルインパクトが単勝オッズ4.2倍で1番人気に支持されました。2番人気には、前哨戦のスワンステークス(GU)でレコードタイムに0.1秒差まで迫る強い競馬を見せて2歳時以来2年振りの重賞勝利を収め、とうとうその才能を開花させたかと期待されるリディル、3番人気に海外からの刺客、3歳牝馬での勝利を狙うイモータルヴァース、4番人気にも海外から3年連続で参戦のサプレザが、一昨年3着、去年4着から、念願の勝利を狙います。

5番人気に、約1年の休養を経て、休み明け叩き2戦目の富士ステークス(GV)を勝利して乗り込むエイシンアポロンが収まりました。

京都競馬場、稍重の馬場でレースが始まり、まず逃げ馬シルポートが大方の予想通り、ハナを奪うと、ライブコンサート、フィフスペトル、リディル、エイシンアポロンと続きます。

1番人気のリアルインパクトはここからやや後ろの7番手でレースを進め、海外組のイモータルヴァースとサプレザが並んで12番手で追走。最後方からはGIホースの3歳牡馬グランプリボスと3歳牝馬の桜花賞馬マルセリーナが末脚を溜めこみます。

最終コーナーにさしかかると、シルポート、ライブコンサート、フィフスペトル、エイシンアポロン、リディルと前が早くなり、リアルインパクトが6番手、イモータルヴァースが10番手、サプレザ13番手とややポジションが変わり、最後方は変わらずといった展開で最後の直線を向かえます。

そしてここから先行勢による怒涛の叩き合い。シルポートの脚が落ちると、フィフスペトルとエイシンアポロンが抜け出し、ダノンヨーヨーとリアルインパクトがこの2頭を追走。

リディルはここで脚が一杯。ここで、後方からサプレザが末脚を解放し、次々と先行馬をかわし追走してきます。マルセリーナも末脚を発揮しますが、先行勢の脚が落ちず苦しい展開。

そしてゴール前、フィフスペトルとエイシンアポロンの激しい叩き合いの末、エイシンアポロンがクビ差フィフスペトルをかわしたところでゴールイン。

サプレザは3着までで、人気薄のダノンヨーヨーが4着、5着リアルインパクト、6着マルセリーナという結果となりました。

エイシンアポロンは悲願のGI勝利となり、マイル戦線に新たなスターホースが誕生する事となりました。

さて、今年の安田記念ではエイシンアポロンが秋春マイルGI制覇を達成するのか、これに待ったをかける馬が現れるのか。

要注目です!
タグ:安田記念
posted by よしき at 12:10| Comment(0) | 安田記念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

2012年5月27日 東京優駿(ダービー) GI JRA

今年もいよいよ日本ダービーが始まります。ここで、近年の日本ダービーで馬券内に入った馬の前走及び成績を列挙していこうと思います。

2011年
1着 オルフェーヴル 皐月賞 1着
2着 ウインバリアシオン 青葉賞 1着
3着 ベルシャザール 皐月賞 11着

2010年
1着 エイシンフラッシュ 皐月賞 3着
2着 ローズキングダム 皐月賞 4着
3着 ヴィクトワールピサ 皐月賞 1着

2009年
1着 ロジユニヴァース 皐月賞 14着
2着 リーチザクラウン 皐月賞 13着
3着 アントニオバローズ プリンシパルステークス 2着

2008年
1着 ディープスカイ NHKマイルカップ 1着
2着 スマイルジャック 皐月賞 9着
3着 ブラックシェル NHKマイルカップ 2着

2007年
1着 ウオッカ 桜花賞 2着
2着 アサクサキングス NHKマイルカップ 11着
3着 アドマイヤオーラ 皐月賞 4着

2006年
1着 メイショウサムソン 皐月賞 1着
2着 アドマイヤメイン 青葉賞 1着
3着 ドリームパスポート 皐月賞 2着

青葉賞組やNHKマイルカップ組も見受けられますが、やはり皐月賞から日本ダービーへ向かうローテーションが安定した成績を残せるのではないかと思われます。

さて、今年の日本ダービーも予想からレースまで、堪能したいと思います。
posted by よしき at 13:57| Comment(0) | 日本ダービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

GI ヴィクトリアマイル 東京競馬場 芝1,600m

これまでヴィクトリアマイルは6回行われていますが、歴代の連対馬がどのレースをステップに使ってきたのか、調べてみようと思います。

1着
第一回 ダンスインザムード マイラーズカップ 2着
第二回 コイウタ ダービー卿チャレンジトロフィー 2着
第三回 エイジアンウインズ 阪神牝馬ステークス 1着
第四回 ウォッカ ドバイデューティーフリー 7着
第五回 ブエナビスタ ドバイシーマクラシック 2着
第六回 アパパネ マイラーズカップ 4着

2着
第一回 エアメサイア 阪神牝馬ステークス 2着
第二回 アサヒライジング 阪神牝馬ステークス 8着
第三回 ウォッカ ドバイデューティーフリー 4着
第四回 ブラボーデイジー 福島牝馬ステークス 1着
第五回 ヒカルアマランサス 阪神牝馬ステークス 13着
第六回 ブエナビスタ ドバイワールドカップ 8着

ウォッカ、ブエナビスタは牡馬をも倒す女傑であり、国内のレースではなく、ドバイに遠征後の出走となっていました。

国内のレースをステップにしているケースでは、やはり優先出走権が与えられる阪神牝馬ステークス(GU)からの出走が目立ちます。

又、牝馬限定戦ではありませんが、ヴィクトリアマイルと同じ距離のマイル戦、ダービー卿チャレンジトロフィー(GV)、マイラーズカップ(GU)からの出走も見受けられました。

ブエナビスタが引退したいま、牝馬の戦いはより熾烈なものとなってくるでしょう。

ウォッカやブエナビスタの様な名牝が現れるのか、今回のヴィクトリアマイルも注視していきたいと思っています。

戴冠する牝馬は如何に!?
posted by よしき at 11:45| Comment(0) | ヴィクトリアマイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

NHKマイルカップ GI 検証

NHKマイルカップの制覇を目論む各陣営は、どのレースからNHKマイルカップへと向かうのでしょうか?

今回はそのデータを検証してみようと思います。

過去にNHKマイルカップを制した馬の前走と結果を以下にまとめてみます。

2011年 グランプリボス ニュージーランドトロフィー 3着
2010年 ダノンシャンティ 毎日杯 1着
2009年 ジョーカプチーノ ニュージーランドトロフィー 3着
2008年 ディープスカイ 毎日杯 1着
2007年 ピンクカメオ 桜花賞 14着
2006年 ロジック ニュージーランドトロフィー 3着
2005年 ラインクラフト 桜花賞 1着
2004年 キングカメハメハ 毎日杯 1着
2003年 ウインクリューガー 毎日杯 8着
2002年 テレグノシス スプリングステークス 2着
2001年 クロフネ 毎日杯 1着
2000年 イーグルカフェ ニュージーランドトロフィー 7着

12年分のデータを挙げてみましたが、毎日杯とニュージーランドトロフィーに出走した馬が優勝したケースが非常に多いですね。

特に毎日杯に出走した馬では1着になった馬、ニュージーランドトロフィーにおいては、3着だった馬がNHKマイルカップを制しているケースが目立っています。

ニュージーランドトロフィー組はかなり意外な結果ですね。

1着の馬ではなく、3着の馬が好成績なのですから、不思議なものです。

ベタな検証結果ではありますが、今年のNHKマイルカップは、毎日杯の1着、ニュージーランドトロフィーで3着だった馬を軸に、NHKマイルカップの予想を展開してみようと思います。

ニュージーランドトロフィー3着馬であれば、高配当も期待出来そうです。
posted by よしき at 15:55| Comment(0) | NHKマイルカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

2012年4月29日 天皇賞(春) JRA GI 京都競馬場

今年も伝統の一戦、天皇賞(春)が近付いてきました。

3,200mの長い距離をどの馬が制するのか、今から楽しみで仕方ありません。

今年の天皇賞(春)で最も注目されるのは、やはりオルフェーヴルになるでしょう。

2011年、ディープインパクト以来の牡馬クラシック三冠制覇を達成。

その勢いのままに、有馬記念でも古馬を圧倒し、4つ目のGIタイトルを手にいれ、現役最強馬の称号である年度代表馬にも選出される、充実の一年でした。

オルフェーヴルは有馬記念の後、海外への挑戦を名言し、UAEで行われるドバイワールドカップへの出走も取り沙汰されていましたが、結局秋にフランスで行われる凱旋門賞を目指す事が決定。

春は阪神大賞典から天皇賞(春)へ向かう事が発表されました。

オルフェーヴルは菊花賞を制しており、父親ステイゴールド、母父メジロマックイーンと、血統的にも距離に関しては問題無いと思いますし、むしろ2,000mなどの中距離よりは長い方がレースをし易いのではないかと思います。

デビュー戦に勝利後、なかなか勝利を上げられなかった事が嘘の様に、皐月賞のトライアルレースであるスプリングステークスで2勝目を上げると、同世代との対決は、以後菊花賞まで全てのレースで2着にコンマ3秒以上の差をつける、横綱相撲と言っていい圧巻の内容でした。

全兄であるドリームジャーニーとの有馬記念兄弟制覇を達成するなど、様々な記録も達成し、今後どんな活躍をするのか、2012年も目を離す事は出来ませんね。

日本馬による史上初めての凱旋門賞制覇となるのか、まずは国内での天皇賞(春)で、去年の強さをもう一度見てみたいです。

3歳では経験していない負担重量を今年は背負っていかなくてはいけませんが、オルフェーヴルならそんな問題も簡単にクリアしてくれそうです。

今年の天皇賞(春)の予想はオルフェーヴルの相手探しになりそうですね。
posted by よしき at 13:32| Comment(0) | 天皇賞(春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

JRA GI 皐月賞 出走候補

皐月賞に向けて、皆さんも徐々に多くのアンテナを張り巡らせているのではないでしょうか?

ここで、皐月賞へ出走すると思われる馬達をリストアップしていこうと思います。

まずは朝日杯フューチュリティステークスを制した2歳牡馬チャンピオン、アルフレード。

重賞初挑戦で見事GIタイトルを手にしましたが、休み明けどういった状態で臨んでくるのか、距離も伸びるので注視していこうと思います。

次に共同通信杯を制したゴールドシップ。

札幌2歳ステークスとラジオNIKKEI杯2歳ステークスでは共に2着と涙を呑みましたが、重賞3戦目の共同通信杯では完勝といえる内容でした。

1番人気のディープブリランテを敗った意味は大きく、いよいよ本格化か?と思える内容でした。

そして今触れたディープブリランテも巻き返しを図りたいところですね。

新馬戦と東京2歳ステークスを圧勝。

共同通信杯は休み明けで馬体重がプラス12kgでしたから、皐月賞では絞って万全の状態に仕上げてくるのではないでしょうか。

きさらぎ賞を制したワールドエースも目が離せません。

きさらぎ賞では後方から進出し、直線ではかなり外目を回り、距離のロスがありながらも他馬を圧倒した内容には、正直驚かされました。

京成杯組を見てみると、まず勝利したベストディール。

皐月賞と同じ中山競馬場の芝2,000mで勝った事は自信になるでしょうし、獲得賞金的にも皐月賞への出走は満を持していきたいところ。

2着に入ったマイネルロブストは、ベストディールに半馬身及ばず、重賞制覇となりませんでしたが、朝日杯2着の実績もあり、重賞での安定度は抜群です。

もう1頭あげるとすると、オープン戦の若駒ステークスを制したゼロスも気になります。

重馬場をクリアしワールドエースも抑えました。

デビューから8戦目で初勝利と苦労しましたが、現在3連勝中。

7ヶ月で10戦している事が気がかりですが、怪我無く皐月賞へ臨める事を期待したいと思います。

今年は混戦模様ですが、一体どの馬が栄冠を手にするのか。

今から皐月賞が待ちきれません。
タグ:皐月賞 JRA Gi
posted by よしき at 12:53| Comment(0) | 皐月賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

桜花賞 2011年を振り返る

いよいよ桜花賞の時期となりましたが、まず最初に、去年の桜花賞
を振り返ってみようと思います。

去年は桜花賞を迎える前に、まず一大ニュースが発生してしまった
事を皆さん覚えていますでしょうか?
2歳でのGI、阪神ジュべナイルフィリーズを制し、桜花賞の前哨戦
であるチューリップ賞では0.7秒差、4馬身差を付けて圧勝。桜花賞
では敵無しの断然1番人気と目されていたレーヴディソールが、骨
折により桜花賞を回避しなければならない状況となってしまいまし
た。
競馬業界は騒然とし、桜花賞はもはや本命不在の大混戦となる事が
予想され、急に慌しくなった事を記憶しています。

そんな中、各ステップレースも終わり、本番の桜花賞を迎える事と
なり、1番人気にはクロフネ産駒、ホエールキャプチャが座る事に
なります。ホエールキャプチャは阪神ジュべナイルフィリーズで、
レーヴディソールから0.1秒差の2着であり、又、デイリー杯クイー
ンカップを勝利した事からも、レーヴディソール不在の中では、当
然の評価だったと思います。
そして2番人気には、ディープインパクトの初年度産駒、マルセリ
ーナが入ります。マルセリーナはシンザン記念で牡馬相手に敗れて
しまいますが、牝馬限定のオープン戦、エルフィンステークスを勝
ちあがり、ディープインパクト産駒初のGIタイトルを奪取すべく、
桜花賞に臨みます。
3番人気には、父親ファルブラヴ、母親ダンスインザムードという超
良血で騒がれていたダンスファンタジア、4番人気には前走が芝初戦
でありながら、フラワーカップを難なく勝利したトレンドハンター、
5番人気にチューリップ賞2着のライステラスといったかたちでレ
ースが行われました。

いよいよ桜花賞、レースは人気薄のフォーエバーマーク、マルモセ
ーラ、サクラベル、カフェヒミコ、3番人気のダンスファンタジアが
続く展開。他の人気上位馬は揃って最後方から競馬を進めます。4コ
ーナーを回る頃、ライステラスは中段まで上がりますが、ホエール
キャプチャ、マルセリーナ、トレンドハンターはまだ最後方集団を
形成しています。そして最後の直線、今まで我慢に我慢を重ね、後
方待機していた3頭が一気に先行集団を呑みこんでいきます。マル
セリーナ、ホエールキャプチャ、トレンドハンターの順で一様に追
い込んでくると、順位が全く変わらないまま、そのままゴールイン。
見事マルセリーナが、ディープインパクト初年度産駒にして同産駒
の初GIタイトルを手中に収める事となりました。

さて、今年もディープインパクト産駒の活躍が目覚しいですが、果
たして今年の桜花賞、ディープインパクト産駒の連覇となるのか、
注目していきたいと思います。
タグ:桜花賞
posted by よしき at 19:13| Comment(0) | 桜花賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

高松宮記念(GI) JRA

競走馬のスプリンター王者を決める、高松宮記念が開催されます。

今回は高松宮記念の歴史について振り返ってみたいと思います。

高松宮記念は改修などを除いて中京競馬場で開催されます。

1971年に高松宮杯として第一回のレースが行われましたが、この当時、芝2,000mのレースとなっており、又、GIレースではありませんでした。

1996年の第26回開催から、現在と同じ芝1,200mのGIレースとなり、1998年からレース名称も現在の高松宮記念と変更され、現在に至っており、距離や名称は変更がありつつも、とても歴史のあるレースとなっています。

高松宮記念は国際競争・国際GIに指定されていて、外国調教馬や地方所属馬も出走可能となっており、グローバル・スプリント・チャレンジ(Global Sprint Challenge)という、日本、イギリス、オーストラリア、アラブ首長国連邦、シンガポール、香港の競馬団体が参加する国際競争シリーズにもなっています。

GIレースとなってから、外国調教馬・地方所属馬が勝利した事はありませんが、秋に行われるスプリンターズステークスでは、外国調教馬が優勝、活躍を見せており、日本の短距離GIレースがいよいよ国際化してきているイメージが強くなりました。

中距離ではドバイへの出走がここ最近取り沙汰される事が多くなりましたが、一昔前、タイキシャトルやシーキングザパールなどが活躍していた時代には、短距離馬の海外進出が注目されておりました。

再び短距離レース界が脚光を浴びる様、期待しながら、高松宮記念を楽しんでいこうと思っています。
posted by よしき at 11:29| Comment(0) | 高松宮記念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

フェブラリーステークス (GI)JRA 展望

年明けJRA GI第一弾、フェブラリーステークスの季節となりました。

やはりGIとなると競馬ファンとしてはそわそわしてきますね。

今年はどんな馬が出走するのか、検証してみたいと思います。

まずは去年のフェブラリーステークスを制したトランセンド。

秋のジャパンカップダートも制し、2011年の最優秀ダートホースにも選ばれました。陣営としては、去年僅差で逃したドバイワールドカップを制して世界一の称号を残すのみ、といったところでしょうか。

その為にも今年のフェブラリーステークスは落とせませんね。

続いて、出走はしないかもしれませんが、現役馬で近年唯一トランセンドに黒星をつけているスマートファルコン。

大井競馬場で行われたJBCクラシックでは1馬身差をつける勝利で、完勝といえる内容でした。

1月25日に川崎競馬場で行われた川崎記念に出走し、勝利を収めている為、トランセンドとの直接対決は、ドバイワールドカップへ持ち越しとなりそうな気がします。

そしてスマートファルコンと五分のレースをしたワンダーアキュート。

去年の暮れに大井競馬場で行われた東京大章典ではハナ差の2着でした。

ジャパンカップダートでもトランセンドの2着と、ついに素質が開花したと言ってもいいのではないでしょうか。

他にも一昨年のフェブラリーステークスを制したエスポワールシチーが復権を虎視眈々と狙っているでしょう。先日行われた根岸ステークスを豪快な追い込みで差しきったシルクフォーチュンも気になります。

近年、ダートレースの評価がかなり高まった様に思います。

フェブラリーステークスもGIレースに認定されて今年がまだ16回目。

日本の馬が海外でも通じる事を証明する為にも、より一層の発展と活躍を期待しています。
posted by よしき at 14:02| Comment(0) | フェブラリーステークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

中央競馬予想ブログ

中央競馬予想ブログというタイトルにしたのは、競馬の予想はするんですけど、地方競馬が詳しくないんです。

なので予想をしていくのは中央競馬の予想のみなので、中央競馬予想ブログというタイトルにしました。

でも中央競馬の予想を全てしていくわけではなくて、重賞レースに限ってできる範囲で予想をしていこうと思っています。

当たるか当たらないかはわかりませんが、気になる方はどうぞ見てやって下さい。
posted by よしき at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。