2012年02月12日

高松宮記念(GI) JRA

競走馬のスプリンター王者を決める、高松宮記念が開催されます。

今回は高松宮記念の歴史について振り返ってみたいと思います。

高松宮記念は改修などを除いて中京競馬場で開催されます。

1971年に高松宮杯として第一回のレースが行われましたが、この当時、芝2,000mのレースとなっており、又、GIレースではありませんでした。

1996年の第26回開催から、現在と同じ芝1,200mのGIレースとなり、1998年からレース名称も現在の高松宮記念と変更され、現在に至っており、距離や名称は変更がありつつも、とても歴史のあるレースとなっています。

高松宮記念は国際競争・国際GIに指定されていて、外国調教馬や地方所属馬も出走可能となっており、グローバル・スプリント・チャレンジ(Global Sprint Challenge)という、日本、イギリス、オーストラリア、アラブ首長国連邦、シンガポール、香港の競馬団体が参加する国際競争シリーズにもなっています。

GIレースとなってから、外国調教馬・地方所属馬が勝利した事はありませんが、秋に行われるスプリンターズステークスでは、外国調教馬が優勝、活躍を見せており、日本の短距離GIレースがいよいよ国際化してきているイメージが強くなりました。

中距離ではドバイへの出走がここ最近取り沙汰される事が多くなりましたが、一昔前、タイキシャトルやシーキングザパールなどが活躍していた時代には、短距離馬の海外進出が注目されておりました。

再び短距離レース界が脚光を浴びる様、期待しながら、高松宮記念を楽しんでいこうと思っています。
ラベル:高松宮記念 JRA Gi
posted by よしき at 11:29| Comment(0) | 高松宮記念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

フェブラリーステークス (GI)JRA 展望

年明けJRA GI第一弾、フェブラリーステークスの季節となりました。

やはりGIとなると競馬ファンとしてはそわそわしてきますね。

今年はどんな馬が出走するのか、検証してみたいと思います。

まずは去年のフェブラリーステークスを制したトランセンド。

秋のジャパンカップダートも制し、2011年の最優秀ダートホースにも選ばれました。陣営としては、去年僅差で逃したドバイワールドカップを制して世界一の称号を残すのみ、といったところでしょうか。

その為にも今年のフェブラリーステークスは落とせませんね。

続いて、出走はしないかもしれませんが、現役馬で近年唯一トランセンドに黒星をつけているスマートファルコン。

大井競馬場で行われたJBCクラシックでは1馬身差をつける勝利で、完勝といえる内容でした。

1月25日に川崎競馬場で行われた川崎記念に出走し、勝利を収めている為、トランセンドとの直接対決は、ドバイワールドカップへ持ち越しとなりそうな気がします。

そしてスマートファルコンと五分のレースをしたワンダーアキュート。

去年の暮れに大井競馬場で行われた東京大章典ではハナ差の2着でした。

ジャパンカップダートでもトランセンドの2着と、ついに素質が開花したと言ってもいいのではないでしょうか。

他にも一昨年のフェブラリーステークスを制したエスポワールシチーが復権を虎視眈々と狙っているでしょう。先日行われた根岸ステークスを豪快な追い込みで差しきったシルクフォーチュンも気になります。

近年、ダートレースの評価がかなり高まった様に思います。

フェブラリーステークスもGIレースに認定されて今年がまだ16回目。

日本の馬が海外でも通じる事を証明する為にも、より一層の発展と活躍を期待しています。
posted by よしき at 14:02| Comment(0) | フェブラリーステークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。