2012年04月22日

GI ヴィクトリアマイル 東京競馬場 芝1,600m

これまでヴィクトリアマイルは6回行われていますが、歴代の連対馬がどのレースをステップに使ってきたのか、調べてみようと思います。

1着
第一回 ダンスインザムード マイラーズカップ 2着
第二回 コイウタ ダービー卿チャレンジトロフィー 2着
第三回 エイジアンウインズ 阪神牝馬ステークス 1着
第四回 ウォッカ ドバイデューティーフリー 7着
第五回 ブエナビスタ ドバイシーマクラシック 2着
第六回 アパパネ マイラーズカップ 4着

2着
第一回 エアメサイア 阪神牝馬ステークス 2着
第二回 アサヒライジング 阪神牝馬ステークス 8着
第三回 ウォッカ ドバイデューティーフリー 4着
第四回 ブラボーデイジー 福島牝馬ステークス 1着
第五回 ヒカルアマランサス 阪神牝馬ステークス 13着
第六回 ブエナビスタ ドバイワールドカップ 8着

ウォッカ、ブエナビスタは牡馬をも倒す女傑であり、国内のレースではなく、ドバイに遠征後の出走となっていました。

国内のレースをステップにしているケースでは、やはり優先出走権が与えられる阪神牝馬ステークス(GU)からの出走が目立ちます。

又、牝馬限定戦ではありませんが、ヴィクトリアマイルと同じ距離のマイル戦、ダービー卿チャレンジトロフィー(GV)、マイラーズカップ(GU)からの出走も見受けられました。

ブエナビスタが引退したいま、牝馬の戦いはより熾烈なものとなってくるでしょう。

ウォッカやブエナビスタの様な名牝が現れるのか、今回のヴィクトリアマイルも注視していきたいと思っています。

戴冠する牝馬は如何に!?
posted by よしき at 11:45| Comment(0) | ヴィクトリアマイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

NHKマイルカップ GI 検証

NHKマイルカップの制覇を目論む各陣営は、どのレースからNHKマイルカップへと向かうのでしょうか?

今回はそのデータを検証してみようと思います。

過去にNHKマイルカップを制した馬の前走と結果を以下にまとめてみます。

2011年 グランプリボス ニュージーランドトロフィー 3着
2010年 ダノンシャンティ 毎日杯 1着
2009年 ジョーカプチーノ ニュージーランドトロフィー 3着
2008年 ディープスカイ 毎日杯 1着
2007年 ピンクカメオ 桜花賞 14着
2006年 ロジック ニュージーランドトロフィー 3着
2005年 ラインクラフト 桜花賞 1着
2004年 キングカメハメハ 毎日杯 1着
2003年 ウインクリューガー 毎日杯 8着
2002年 テレグノシス スプリングステークス 2着
2001年 クロフネ 毎日杯 1着
2000年 イーグルカフェ ニュージーランドトロフィー 7着

12年分のデータを挙げてみましたが、毎日杯とニュージーランドトロフィーに出走した馬が優勝したケースが非常に多いですね。

特に毎日杯に出走した馬では1着になった馬、ニュージーランドトロフィーにおいては、3着だった馬がNHKマイルカップを制しているケースが目立っています。

ニュージーランドトロフィー組はかなり意外な結果ですね。

1着の馬ではなく、3着の馬が好成績なのですから、不思議なものです。

ベタな検証結果ではありますが、今年のNHKマイルカップは、毎日杯の1着、ニュージーランドトロフィーで3着だった馬を軸に、NHKマイルカップの予想を展開してみようと思います。

ニュージーランドトロフィー3着馬であれば、高配当も期待出来そうです。
posted by よしき at 15:55| Comment(0) | NHKマイルカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。