2012年02月04日

フェブラリーステークス (GI)JRA 展望

年明けJRA GI第一弾、フェブラリーステークスの季節となりました。

やはりGIとなると競馬ファンとしてはそわそわしてきますね。

今年はどんな馬が出走するのか、検証してみたいと思います。

まずは去年のフェブラリーステークスを制したトランセンド。

秋のジャパンカップダートも制し、2011年の最優秀ダートホースにも選ばれました。陣営としては、去年僅差で逃したドバイワールドカップを制して世界一の称号を残すのみ、といったところでしょうか。

その為にも今年のフェブラリーステークスは落とせませんね。

続いて、出走はしないかもしれませんが、現役馬で近年唯一トランセンドに黒星をつけているスマートファルコン。

大井競馬場で行われたJBCクラシックでは1馬身差をつける勝利で、完勝といえる内容でした。

1月25日に川崎競馬場で行われた川崎記念に出走し、勝利を収めている為、トランセンドとの直接対決は、ドバイワールドカップへ持ち越しとなりそうな気がします。

そしてスマートファルコンと五分のレースをしたワンダーアキュート。

去年の暮れに大井競馬場で行われた東京大章典ではハナ差の2着でした。

ジャパンカップダートでもトランセンドの2着と、ついに素質が開花したと言ってもいいのではないでしょうか。

他にも一昨年のフェブラリーステークスを制したエスポワールシチーが復権を虎視眈々と狙っているでしょう。先日行われた根岸ステークスを豪快な追い込みで差しきったシルクフォーチュンも気になります。

近年、ダートレースの評価がかなり高まった様に思います。

フェブラリーステークスもGIレースに認定されて今年がまだ16回目。

日本の馬が海外でも通じる事を証明する為にも、より一層の発展と活躍を期待しています。
posted by よしき at 14:02| Comment(0) | フェブラリーステークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。