2012年03月19日

2012年4月29日 天皇賞(春) JRA GI 京都競馬場

今年も伝統の一戦、天皇賞(春)が近付いてきました。

3,200mの長い距離をどの馬が制するのか、今から楽しみで仕方ありません。

今年の天皇賞(春)で最も注目されるのは、やはりオルフェーヴルになるでしょう。

2011年、ディープインパクト以来の牡馬クラシック三冠制覇を達成。

その勢いのままに、有馬記念でも古馬を圧倒し、4つ目のGIタイトルを手にいれ、現役最強馬の称号である年度代表馬にも選出される、充実の一年でした。

オルフェーヴルは有馬記念の後、海外への挑戦を名言し、UAEで行われるドバイワールドカップへの出走も取り沙汰されていましたが、結局秋にフランスで行われる凱旋門賞を目指す事が決定。

春は阪神大賞典から天皇賞(春)へ向かう事が発表されました。

オルフェーヴルは菊花賞を制しており、父親ステイゴールド、母父メジロマックイーンと、血統的にも距離に関しては問題無いと思いますし、むしろ2,000mなどの中距離よりは長い方がレースをし易いのではないかと思います。

デビュー戦に勝利後、なかなか勝利を上げられなかった事が嘘の様に、皐月賞のトライアルレースであるスプリングステークスで2勝目を上げると、同世代との対決は、以後菊花賞まで全てのレースで2着にコンマ3秒以上の差をつける、横綱相撲と言っていい圧巻の内容でした。

全兄であるドリームジャーニーとの有馬記念兄弟制覇を達成するなど、様々な記録も達成し、今後どんな活躍をするのか、2012年も目を離す事は出来ませんね。

日本馬による史上初めての凱旋門賞制覇となるのか、まずは国内での天皇賞(春)で、去年の強さをもう一度見てみたいです。

3歳では経験していない負担重量を今年は背負っていかなくてはいけませんが、オルフェーヴルならそんな問題も簡単にクリアしてくれそうです。

今年の天皇賞(春)の予想はオルフェーヴルの相手探しになりそうですね。
posted by よしき at 13:32| Comment(0) | 天皇賞(春) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。