2012年05月27日

2012年 安田記念 GI 芝1,600m JRA

春のマイル王決定戦、安田記念がとうとう始まります。

まずはここで、去年の秋に行われたマイル王決定戦、マイルチャンピオンシップ(GI)を思い出してみようと思います。

去年のマイルチャンピオンシップでは、3歳で安田記念を制する離れ業をやってのけ、休み明けの毎日王冠(GU)で2着に入選し、万全の状態で迎えたと思われるリアルインパクトが単勝オッズ4.2倍で1番人気に支持されました。2番人気には、前哨戦のスワンステークス(GU)でレコードタイムに0.1秒差まで迫る強い競馬を見せて2歳時以来2年振りの重賞勝利を収め、とうとうその才能を開花させたかと期待されるリディル、3番人気に海外からの刺客、3歳牝馬での勝利を狙うイモータルヴァース、4番人気にも海外から3年連続で参戦のサプレザが、一昨年3着、去年4着から、念願の勝利を狙います。

5番人気に、約1年の休養を経て、休み明け叩き2戦目の富士ステークス(GV)を勝利して乗り込むエイシンアポロンが収まりました。

京都競馬場、稍重の馬場でレースが始まり、まず逃げ馬シルポートが大方の予想通り、ハナを奪うと、ライブコンサート、フィフスペトル、リディル、エイシンアポロンと続きます。

1番人気のリアルインパクトはここからやや後ろの7番手でレースを進め、海外組のイモータルヴァースとサプレザが並んで12番手で追走。最後方からはGIホースの3歳牡馬グランプリボスと3歳牝馬の桜花賞馬マルセリーナが末脚を溜めこみます。

最終コーナーにさしかかると、シルポート、ライブコンサート、フィフスペトル、エイシンアポロン、リディルと前が早くなり、リアルインパクトが6番手、イモータルヴァースが10番手、サプレザ13番手とややポジションが変わり、最後方は変わらずといった展開で最後の直線を向かえます。

そしてここから先行勢による怒涛の叩き合い。シルポートの脚が落ちると、フィフスペトルとエイシンアポロンが抜け出し、ダノンヨーヨーとリアルインパクトがこの2頭を追走。

リディルはここで脚が一杯。ここで、後方からサプレザが末脚を解放し、次々と先行馬をかわし追走してきます。マルセリーナも末脚を発揮しますが、先行勢の脚が落ちず苦しい展開。

そしてゴール前、フィフスペトルとエイシンアポロンの激しい叩き合いの末、エイシンアポロンがクビ差フィフスペトルをかわしたところでゴールイン。

サプレザは3着までで、人気薄のダノンヨーヨーが4着、5着リアルインパクト、6着マルセリーナという結果となりました。

エイシンアポロンは悲願のGI勝利となり、マイル戦線に新たなスターホースが誕生する事となりました。

さて、今年の安田記念ではエイシンアポロンが秋春マイルGI制覇を達成するのか、これに待ったをかける馬が現れるのか。

要注目です!
タグ:安田記念
posted by よしき at 12:10| Comment(0) | 安田記念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。